最新記事一覧

自分の聴力に合わせる

耳

調整をしてもらう

年齢を重ねると徐々に聴力が弱っていきますが、病気によって難聴になることもあります。その時に生活できるレベルまで聴力を上げるためには補聴器を使う必要があります。補聴器にもいろいろなタイプがありますが、多く使われているのが耳あな型です。これは耳あなにすっぽりと収まるため目立ちにくいという特徴があります。そして、以前に比べて中レベルの難聴の人も利用できるほどの性能になっています。しかし、高度の難聴の場合には耳掛け型やポケット型のほうが良い場合があります。耳掛け型は耳に掛けるタイプで、こちらもあまり目立ちにくいという特徴があります。それに加えて、防水加工などもされているものがありスポーツをする人に向いています。そして、ポケット型は本体とイヤホンがあり、本体はポケットなどに入れて携帯をします。メリットとしては、音量調節が簡単にできるということと、高出力ができるため難聴の人に対応できます。そして、いくら性能が良い補聴器を購入しても自分に合わせて調整をしなければ意味がありません。そのため、専門店で聴力や周波数などから設定をしてもらうことが必要です。ちなみに、細かく設定ができるタイプのほうが価格としては高くなりますが、その分日常生活を快適にできます。補聴器の価格としては、5万円から40万円となっています。耳あな型は10万円ほどが相場になっています。そして、耳掛け型は7万円から30万円ほどになります。そのため、自分の聴力やライフスタイルに合わせて決めることが大切です。

Copyright© 2018 補聴器で難聴をサポート!耳鼻科推薦の店舗がオススメ All Rights Reserved.