最新記事一覧

聞こえづらい毎日から脱出

補聴器

聞こえる世界って

最近、耳の聞こえが悪いなあと感じていたり、周りから言われたことがあったりする方は早めに耳鼻科受診をオススメします。突発性難聴であれば早期治療で完治することも可能ですが後回しにしておくと治療効果も低くなっていきます。もちろん、難聴でも諦めることはなく補聴器を使用することで、生活しやすくなり困っていた会話などのコミュニケーションにも効果を発揮します。ただし、価格も高額なためなかなか購入を断念する方も多いのではないでしょうか。聴覚障害者手帳があれば自治体により助成金など補助の種類も変わってきますが6級、4級、3級、2級の範囲で認定を受けることで補聴器購入の手助けにもなります。ただし、1番下の6級でも認定を受けるのには難しく3、4回くらいの通院で毎回検査を行い間違いなく聞こえないのか調べるので簡単には申請もできません。しかし、難聴の聞こえづらさは本人も当然ながら周りの方も大変で大きな声でハッキリゆっくりと話す必要もあり、多少の迷惑をかけることもあります。なるべく、今の難聴の進行度なども知るためにも1度検査を受けることが必要です。もちろん聞こえるのに聞こえないふりは絶対にしてはいけません。脳の反応も数時間かけて検査もしますので簡単に不正はできない仕組みになっています。このようにライフワークで本当に困っているのに障害者認定が受けられない現実もあり、補聴器を高額で数十万円もかけて購入するしかない状況です。また、補聴器を買えない家庭状況にある子供たちのこれからの成長に影響を及ぼすことも問題としてあります。

Copyright© 2018 補聴器で難聴をサポート!耳鼻科推薦の店舗がオススメ All Rights Reserved.