最新記事一覧

女性

耳鼻科で診てもらおう

長期間続くめまいが発生しているのなら、耳の中の器官に不具合が発生している可能性があるため、耳鼻科に訪れて診察を受けましょう。耳鼻科だとしても、脳に原因があるかもしれないと考えた上で、診察してくれるため安心できます。

耳

自分の聴力に合わせる

補聴器は難聴のレベルに合わせて調整をすることが必要です。そして、いろいろなタイプがありますが、基本的なものでは耳あな型や耳掛け型やポケット型があります。そのため、自分の聴力やライフスタイルに応じてタイプを選ぶことが大切です。

聞こえが気になったら

補聴器

耳鼻科への来院を

難聴には様々な種類があります。生まれつきの先天性難聴や加齢による老齢性難聴などがあります。しかし、どの難聴に関しても必ずしなければいけないこと、それは耳鼻科の受診です。補聴器を取り扱っている一般店舗はたくさんあり、耳鼻科の受診なしでも補聴器を購入することは可能です。ではなぜ、耳鼻科の受診が必須なのかといいますと、受診により治療が可能な場合があるからです。補聴器取扱店では、耳の中を見ることや、聞こえの程度を専用の機械によって測ることが可能です。ところが、その聞こえの悪さが補聴器を使わないといけないものなのか、治療によってよくなるものなのかはわかりません。補聴器取扱店の店員は医者ではないからです。そのため、面倒でも1度、耳鼻科を来院することをお勧めします。そのうえで、補聴器の装着が必要だと診断されてから、それから店舗選びをするのがいいでしょう。耳鼻科推薦の店舗でももちろんいいです。ただ、可能ならば通いやすい店舗を選ぶことをお勧めします。補聴器は購入したらそれで終わりという商品ではありません。聞こえの調整を何度も必要とする装着具です。店舗内の音と、実際家で聞こえる音は違います。店ではよく聞こえていたのに家ではうるさくて装着できない、または、聞こえにくいということは多々あります。何か不自由があったら、すぐに相談できる店舗で購入することがあとあとのためにはいいでしょう。いつも散歩で通る道の途中、買い物に行くスーパーの近く、仕事帰りに行きやすい場所など、自分のライフワークに合わせることを勧めます。最後に覚えておかなければならないのは、補聴器では難聴を治せないということです。あくまで聞こえを補助するために装着することを忘れないように利用してください。

女性

人によって現れる症状

メニエール病の特徴ですが、めまいが起きる以外にも、難聴や耳鳴りなどの耳の症状が一緒に現れます。また、その他のめまいで、良性発作性頭位めまい症という病がありますが、頭を動かした際に症状が出ることが多いですが、症状はわりと短時間でおさまります。

補聴器

聞こえづらい毎日から脱出

聴覚障害者手帳の申請をするには耳鼻科受診をして数回の聴力検査により認定されると役所などに病院の証明書を提出できます。補聴器の購入に困っている方は1度病院で相談してみるといいでしょう。また定期的に検査をすることで難聴の進行度もわかります。

医師

受診するべき科はどこ

めまいがする原因が耳からくるものや、脳からくるもの、さらに生活習慣が原因となっている場合もあります。はやくめまいを改善するためにも早めに受診を行うという事が大切です。耳鼻科や脳外科など、適切な受診を行うようにしましょう。

Copyright© 2018 補聴器で難聴をサポート!耳鼻科推薦の店舗がオススメ All Rights Reserved.